院長挨拶・医院の特徴

当院について

医療法人社団 平林医院のホームページをご訪問くださいましてありがとうございます。
当院は患者さんの健康を生涯にわたってお守りする良きパートナーとして、わかりやすく、丁寧な診療に努めてまいります。
また、これまでの知識と経験を活かし、わかりやすい説明と診療を心がけ、地域の皆様の家庭医としてお役に立ちたいと思います。
健康に関することでしたら何でも気軽にご相談ください。
医療法人社団 平林医院
院長 平林 浩一

院長経歴

昭和59年 鳥取大学卒業
香川医科大学第2内科入局(現香川大学医学部)
心臓、腎臓、脳血管内科について研鑽
社会保険栗林病院内科
日本たばこ産業健康管理センター
一般内科、産業医として勤務

平成6年  平林医院  開院

平林医院のこだわり

専門用語を使わない、わかりやすい説明を

いくら医学的に正しい説明をしても、その内容を患者さんが理解できなければ意味がありません。

10の内容をそのまま伝えようとして、実際には3しか理解していただけないようでは意味がありません。
10の内容をわかりやすい言葉で噛み砕いて伝えることにより、伝えられる内容が7まで減ったとします。それでも、その7の内容を全て理解していただけるなら、その方が良いと考えています。

また短期的な治療で終了する病気と、長期的に気長につきあう必要のある病気などをできるだけ区別して説明しています。病気の経過において患者さんがどのような状態のところにいるかを説明するように心がけています。

循環器について専門的な医療提供

平林医院は、内科全般にわたり診療を行っています。また、内科以外でも可能なことは対応いたします。
特に循環器内科の専門医として当院内での診療はもちろん、永康病院循環器外来、三豊総合病院での夜間診療応援を行っております。

関連医院との連携体制

「当院でできること」と「当院でなく他院で診療を受けられた方がよいこと」を区別する方が結局患者さんのためになります。

循環器内科の病気においても、当院のできること以上の更なる専門性が必要な状態の方や、当院では対応できない場合には、速やかに適切な医療機関へ紹介するようにしております。

スタッフとともに自己研修に努めて

「薬や検査」での医療提供ではなく、「私および当院のスタッフによる医療」という医療を提供したいと考えています。 これは形式的なマニュアル通りの笑顔や応答ではなく、専門の知識に基づいた上で、患者さんの状態に合わせて対応することを目標としています。

そのため自己研修に力を入れ、院内での勉強会を定期的に行っております。

院内紹介

  • 外観

  • 玄関

  • 受付

  • 待合

  • エコー

  • CT